忍者ブログ
False Islandのキャラブログ。日記ログとか絵とかネタとか色々。 キャラロールがぽんと飛び出ますので苦手な方はご注意を。



[196]  [195]  [194]  [193]  [192]  [191]  [190]  [189]  [188]  [187]  [186
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今更だけど改めて、偽島にいる奴の事。
三期分あるから凄く長いです注意。



名前:レンジィ=ア=イーオ
種族:人間
性別:男性
年齢:32歳(誕生日は西暦換算で2月15日付近)
身長体重:185cm/75kg
職業:魔術師

参加:False Island Eno.1301(第一期:Eno.1542 第二期:Eno.176)


■外見
髪:癖の強い黒髪。右側面の一房だけ伸ばして髪留めでくくっている。
顔:パーツがくっきりした顔立ちに四角い顎。口が大きくて唇がやや厚い。
目:たれ目。虹彩の色は青で、光が当たると淡い銀色に光る。
  現在の色は魔法による変色であり、本来の色は鮮やかな橙黄色。
体型:職業の割にごつい。島でのエセ前衛生活を通して多少鍛えられた様子。
   左脇腹に大きな古傷がある。
服:白いタイ付きシャツと礼服じみた青い服に、白手袋と革靴。
  第二期までは衣服職人の姉が作ってくれた服を着ていたが、二度の探索を
  経て修復不可能な程擦り切れてしまったため、良く似た素材で新しい服を
  新調した。
  首元のブローチは家宝のレプリカでお守り代わり。これがないと落ち着か
  ない。


■生い立ち
とある世界、六属性の精霊の加護を受けた大陸の出身。その中でも地の精霊の加護を受けた土地の生まれで、実家は鉱物を尊いものとして崇める「物作り」の家系。後述の理由により魔法が苦手な者が多く、出身者の大半が何らかの職人になる。
レンジィは珍しく常人並みに魔法を扱えたため魔術師の道に進んだ。
家族構成は両親、兄が二人、姉と妹と弟が一人ずつ、変な生き物が一匹。
弟のセンジィとは一卵性双生児の関係で、レンジィが兄。


■性格
基本的に前向き、かつ好奇心旺盛で楽観的。表情は豊かでコロコロ変わる。
いつも明るく振る舞うが、一方で過去の出来事を強く引きずる面もあり、
「前進」を渇望しながら「忘れる」事や「失う」事を極端に恐れる。
一人称は「俺」。口調はやや荒っぽい(女性や尊敬している相手の前では多少丁寧になる)。
「女性に優しく」がモットーだが、過去に婚約者を失った痛手からまだ立ち直れていないため、恋愛関係は避ける傾向にある。


■島に来た理由
島に来る一ヶ月程前に知り合った「正体不明の魔術師の男」に騙され、無理矢理転送された。その後は島での探索を進めながら元の世界への帰還方法を探し続けている。
未だに方法は見つけられていないが「夢」を通じて弟や家族との通信が出来るぐらいにはなりつつある。時間の流れ方が元の世界とこちらの世界ではかなり違うため、通信した弟や家族の年齢を聞いて現在の自分の年齢を推測している模様。


■魔術について
数年間師事していた有翼人に使えそうなものを片っ端から叩き込まれたため、かなり雑多な術の使い方をする。手に負える範囲のものなら何でも媒介に使おうとするが、杖を使った術が一番得意。
ただし、元々人並みの魔力しか持たないため大した事は出来ない。
得意属性は水。主に空気中の水分の収束と増幅、形状や温度の操作を行っている。近くに水場があればそこの水を使う事もある。

また、魔法とは少し違うが「歌」を使った修復術を姉から教えられている。半端にしか覚えていないので生体には使えず、もっぱら杖や衣服の修理・修繕に使っている。


■澪標
レンジィの能力。自らの残留思念を対象に付加し、それを「光る波」として感知する。常に何処かへ進んでいなければ気が済まない彼の「本質」が生み出した『しるべ』を記すためのもの。
……と、レンジィ自身は解釈しているが、最近は様々なものに(無意識のうちに)標を付けて回っているため、また違った意味が同時に存在しているのかもしれない。
「特定の事象に付けた波」の方向や気配も、強弱の差はあるが感知できる。
性質上戦闘には全く向かない。どちらかと言えばレンジィに関する事象の検索に向いている。

かつて一度だけこの体質を増幅されてしまった事があり、その結果「自分の精神の一部を無機物にコピーしてしまう」という能力に変化。その結果生まれたのが杖のロージャ。


■実家について
実家はあまり大きな家ではないが歴史だけは異様に古い、物作りの家系。
「地=技術、生み出すもの」という概念が非常に深く浸透しており、地の象徴となる鉱物や鉱石を「尊いもの」として崇める一種の自然信仰のようなものをもつ(神として信仰するのではなく敬意を払うべき対象として見ている様子)。

非常に長い間鉱石を祀って来た家だが、鉱石は地の象徴だけでなく他の属性の象徴や媒介として使われる事もある。その影響かこの家の人間は「家系自体は地の加護を受けているが、出身者は他の精霊の影響も受けやすく馴染みやすい」という体質をもって生まれるようになってしまった。
「精霊を使役して力を貸してもらう」のではなく「精霊の力が直接自身に影響してしまう」ため、妙な力が体質が現れる者が多い。


■変な力について
能力の行使に至っては緩やかながらルールがある。

・力の存在を知らせるのは発現した者のみ(していない者には教えない)
・基本的に外部には秘密
(ただし、上記二点のルールは割と曖昧)
・家を継ぐのは力が発現した者のみ

レンジィが知らなかったのは単に「発現していなかったから教えてもらえなかった」というだけの話。
また「力」には状態がいくつか存在する。大まかに分けると以下の三つ。

潜在:発現前
体質:発現してはいるが外部に影響が出ない、または本人にしか効かない状態
能力:発現し、能力の効果が自分だけでなく外部に及ぶようになった状態

状態、程度には個人差が大きく、生まれた時から発現している者もいれば一生発現しない者もいる。レンジィは元々体質状態だったが第二期後半で「自覚」したことで体質と能力の中間ぐらいになった。

※これらの能力云々の原型のネタ提供は別ゲームでのPMさんです(こちらでも度々お世話になりました)。後からあれやこれや私が勝手に付け加えて現在の設定になりました。そちらの自キャラとの会話で出て来たネタだったのですが、うまくレンジィの説明も出来てしまった次第。本当にありがとうございました。


■今の服装


前期でも似たようなもん描いたなぁと思いつつもう一度。
ほとんど自分用。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Adress
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[11/25 1301PL]
[11/13 Sieg(前期711)PL/Basil(973)PL]
[07/29 SiegPL(711)]
[07/26 176PL]
[07/21 SiegPL(711)]
最新トラックバック
(09/26)
(03/10)
プロフィール
HN:
レンジィ=ア=イーオ@しのだ
性別:
非公開
自己紹介:
Eno.176
偽島にてパーティに参加中。
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ   [PR]